難波で受けた包茎治療

産んでくれた親を恨むのではありませんが、せめて包茎だけに産んでは欲しくないと言っても産まれた時点は、そんな将来的なこと判る訳もないのです。
ですからどこかの国のように、男の子が産まれるとすぐオチンチンの先をカットすれば良いと思うのです。
すると将来、どんな子も皮のむけた男性に育ってくるのですから。
でも赤ちゃんの時から、おちんちんが大きくなった時亀頭が見えるようになるのでしょうか。
それも想像すると気持ちの悪いものかも知れません。
それでもあの芸能人家族の石田純一夫妻の子供は、そのようにしたと話しを聞くのでした。
産まれて来る子供には、なんの罪もない包茎ですが、やはり人前で見せるには恥ずかしすぎるのです。
まだ小学生の子供なら許されるのでしょが、大の大人が包茎のおちんちんをぶら下げて歩くの姿は、やはり頓珍漢なスタイルにも見えると思うのです。
人がそれを見ても、包茎なんだくらいしか思わないのですが、どこか不潔にも見られることもあるのです。
特にお風呂に入っている時など、大人の包茎は許して欲しいと思うのです。
そんなことから学生時代に難波の病院で包茎治療を済ましておいたのです。